工事情報共有とは

工事情報共有とは

トップページ > 概要 > 工事情報共有とは

工事情報共有とは?

「工事情報共有」とは、工事施工中に受発注者間でやりとりされる各種情報を交換・共有することで、資料の提出や打ち合わせのための移動時間を短縮するなどの業務効率化を促します。

情報共有システム(サーバー)とは、工事情報共有を実現するシステムで、インターネットを介して情報のやりとりを行います。

情報共有のメリット

情報共有のメリット

情報を共有・有効活用して受発注者が工事をすすめることにより、さまざまな効果が期待できます。それをサポートするのがビーイングの情報共有システム『BeingCollaboration』です。

CALS/ECのアクションプログラム

平成21年3月に「国土交通省CALS/ECアクションプログラム2008」が策定されました。

国土交通省の取り組み

資料、関連サイト