BeingCollaboration機能紹介

機能紹介

トップページ > 機能紹介 > ワンデーレスポンス支援

ワンレス支援機能

ワンレス支援画面

特許出願中 特願2007-205784

複雑な設定は不要!

オートデモスタート

『BeingCollaboration』の「ワンレス支援」はワンデーレスポンスにおける情報共有の場を提供する機能で、発注者と施工業者の間で誰でも閲覧・回答が可能です。ワークフローと違い、決裁ルートなどの面倒な設定がないので、『BeingCollaboration』に現場を登録してすぐに使うことができます。

記録&通知で迅速な回答をサポート

オートデモスタート

工期を短縮し、スムーズな施工をサポートするためには迅速な回答が求められます。施工業者から新しく問い合わせがあれば、通知参照を通して、メールでお知らせできます。発注者からの回答があった場合も同様です。
「ワンレス支援」機能は、パソコンが使えない環境でも携帯電話でやりとりできますので、ワンデーレスポンスで重要な「迅速な対応」も実現可能です。
また、問い合わせに対する協議内容は、問い合わせごとにすべて分類・記録されるので、紙ベースの書類の整理や保管が不要になります。

ワンデーレスポンス分析結果を活用

オートデモスタート

「ワンレス支援」機能を使うと、PDCAサイクルを円滑に進めることができます。受発注者間で行われたやりとりは記録され、さらに集計・分析を行うことができます。その分析結果をもとに、原因や改善点を探り、今後の未来予知協議に役立てることが可能です。

Flash Playerを入手

オートデモをご覧になるには、Flash Playerが必要です。インストールの指示が表示された場合は、それに従ってダウンロードとインストールを行ってください。→ Flash Player のダウンロードサイトへ